カードを使うシチュエーション

福岡市地下鉄でVisaのタッチ決済実証実験が開始されています

福岡市地下鉄の一部の駅において、Visaのタッチ決済機能付きのクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード(モバイル含む)を使うことにより、切符を買ったり、交通系ICカードにチャージをすることなく乗車ができるようになりました。

実証実験は2022年5月31日~2023年2月28日まで実施予定です。

三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、日本信号、QUADRACは、福岡市地下鉄において、三井住友カードが提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用し、Visaのタッチ決済による一体型自動改札機を設置。

Visaのタッチ決済対象駅は、天神、中洲川端、祇園、博多、東比恵、福岡空港、呉服町の7駅。交通系IC/Visaのタッチ決済一体型の自動改札機を設置しています。

天神や博多、福岡空港などの一部の駅には専用の読み取り装置を、中洲川端(中洲口)祇園、東比恵、呉服町は駅係員がいる通路に装置を置いています。

早速、実証実験に参加するために福岡空港駅から乗車しましたが、自動改札機が入退場両用の切り替え状態だったため、退場者が多い時は全てが入場禁止状態になり、少し待つ必要がありました。

iPhoneのウォレットに入ってるカードを使いました。タッチ決済(EMVコンタクトレス)は交通系ICカードに比べると処理スピードが若干かかり、0.35秒程度で処理していますが、反応は悪くなかったです。

決済カードをエクスプレスカードとして設定すればFace ID、Touch ID、またはパスコードでの認証が不要になり、さらにスムーズに改札を通過できます。

「福岡市地下鉄」Visaのタッチ決済による実証実験 ~国内初 交通系IC/タッチ決済一体型改札機による実証プロジェクト~ | Visa

日本初!「交通系ICカードとタッチ決済の一体型改札機」による乗車システムの実証実験を開始します!!

-カードを使うシチュエーション